いつまでも健康に

|健康診断などで尿蛋白が陽性と診断された場合、原因を突き止めて早期に治療することが良いでしょう。

尿の悩みを解決!

尿蛋白の治療と改善


sponsored link

健康診断など簡単な定性検査で尿蛋白が陽性(+)と診断された場合、必ず再検査で定量検査を行い1日の尿蛋白量を調べます。


この定量検査で異常値が出たら、尿沈渣や赤血球数と白血球数などの検査と腎臓や尿路の精密検査を行います。


尿蛋白は腎機能の異常を知る指標となるものなので、尿蛋白治療を行うには原因となる症状を治療します。


例えば、腎臓病が原因で尿蛋白が陽性だった場合は、蛋白や塩分の制限などの食事療法をして治療します。


糖尿病が原因で腎臓が悪くなり尿蛋白が陽性だった場合は、糖尿病の治療をします。


腎臓に異常があっても痛みなどがあるわけではありません。


そのため医者で診断し、自分がどの病なのかを知る必要があります。


腎炎などで酷い症状の場合は副腎皮質ホルモンや免疫抑制薬などを使い、適切な治療をする必要があります。


しかしこれらの薬は副作用があるので、腎臓の組織を採取して詳しく調べる腎生検を行い正確な診断をすることが必要です。


その場合は1週間ほど入院しなくてはいけません。


軽い症状の場合は食事管理と生活習慣の改善で良いので、尿検査を定期的に行い、尿蛋白が陽性などの異常が見つかったなら直ぐに病院で精密検査を行い、早めの治療が重要です。

[スポンサードリンク]