いつまでも健康に

|身体の状態によって尿の色は変わります。

尿の悩みを解決!

尿の色


sponsored link

尿は腎臓でつくられ、健康な場合は淡黄色をしています。


人は腎臓に入ってきた血液をろ過し、不要な物質を水といっしょに体の外に尿として排泄しています。


尿の色が淡い黄色をしているのは、肝臓から分泌される消化液の胆汁に含まれている尿中色素・ビリルビンのためです。


そのため水分を多くとったときの尿の色は無色に近くなり、睡眠中や運動などで大量の汗をかいたときは水分が少なくなり尿の色濃い黄褐色になります。


尿の色は体調や運動、そして食べ物や薬やビタミン剤の服用などで変化します。


また病気や身体の異常が起こることでも尿の色やにおい、量が変化します。


腎臓は肝臓とともに沈黙の臓器と呼ばれ、症状がなかなか現れません。


尿の色の変化を見ることで、腎臓に異常の早期発見に繋がることがあります。


・正常な尿の色

正常な尿の色は黄色〜琥珀のような淡黄色で透明です。


・オレンジ色(真っ黄色)

ビタミン剤を飲むとオレンジ色になります。


とくにビタミンB2の場合は尿の色が変化しやすく、明るい蛍光の真っ黄色になることがあります。


ビタミン剤による尿の色の変化ですので心配はありません。


・尿の色が薄い、ほとんど無色透明

異常に尿の量が多くなると、尿の色が薄い無色透明に近くなっていきます。


糖尿病の方に多く見られる症状です。


糖尿病の方は多量の水分が尿として出ていくためにのどが渇き、自然と多量の水を飲むようになります。


糖尿病や尿崩症などの場合は尿量が多いために、尿の色素成分であるウロクロムが希釈されて、ほとんど無色の尿になります。


糖尿病の方の尿は甘い(甘酸っぱい)臭いがすることが多々あります。


※健康な人が多くの水を飲んでも、尿の色が薄い状態になります。


その場合は心配ありません。


・黄褐色〜褐色(黄褐色よりさらに濃い色)

肝機能に異常がある場合に見られます。


肝臓の代謝でできる色素が尿中に出てくるのが原因で、急性肝炎などの肝臓や胆道系の病気などの疑いがあります。


肝機能に障害がある場合は、白目が黄色くなったり、発熱や黄疸・全身の倦怠感の症状がでます。


※健康な人が多量に発汗したときも黄褐色になります。


・乳白色や白く濁る

尿にリンパ球が混入している状態で、尿路に炎症などが起きる尿路感染症の疑いがあります。


とくに女性の場合は膀胱炎の疑いが高いく、膿が尿に混入することによって尿が乳白色となります。


また淋病など尿道炎の疑いもあります。


他に、なんらかの病気によって尿に脂肪が混入した場合も乳白色になります。


・赤〜赤褐色

尿の色が赤くなっていたなら、もっとも注意が必要です。


赤い色は血液の細胞(赤血球)が尿に混じる血尿や尿潜血です。


尿が作られて排泄されるまでの腎臓・尿管・膀胱・尿道の尿路のどれかが病気である疑いがあります。


突然の腹部や背中の激痛が起こった場合は、尿路結石の場合が多いようです。


血尿で痛みがなく自覚症状がでない場合は、腎臓や膀胱・尿道・前立腺などが、がんに侵されている可能性もあります。


このケースは1度血尿が出ても、次の日には血尿が出なくなることもあります。


自己判断せずに早急に医師に相談してください。


ごく稀なケースでは、肝炎になっている人が肝炎によって腎臓が悪くなり、尿の色が紅茶や赤ワインのような色になる場合もあります。


※女性の場合は月経があるのかどうかれを考考えなければなりません。


[スポンサードリンク]