いつまでも健康に

|意識せずに尿が勝手に出てしまう尿漏れについて

尿の悩みを解決!

女性の尿漏れ


sponsored link

尿漏れは特に女性に多く見られる症状です。


アメリカでは尿漏れで悩んでいる人の数は1300万人にものぼり、そのうちの80%が女性という結果が出ています。


女性の場合、産後に尿漏れに悩む人は多く、出産経験があれば20代でも40%の方が尿漏れに悩み、30代で50%とさらに増えます。


また女性は更年期後にも尿漏れに悩む人は増えます。


このため男性に比べ圧倒的に女性尿漏れにかかる人が多いのです。


その女性尿漏れは大きく分けて2つあります。


腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁です。


腹圧性尿失禁は、激しい運動をしているときや、大笑い、くしゃみや咳などお腹に力がかかったときに尿が漏れる症状です。


切迫性尿失禁は、尿意を感じたり尿を意識した時に、不意に尿が漏れてしまう症状です。


トイレや尿を連想する水の音を聞いただけで漏らしてしまうこともあります。


これらの尿失禁が合わさった混合性尿失禁もあります。



【腹圧性尿失禁の原因】


下腹部を支えている骨盤底筋の筋力が弱くなったり、引き伸ばされたり切れたりして起こります。


赤ちゃんが産道を通るときに骨盤底筋が引き伸ばされ、または切れたりするので、産後に腹圧性尿失禁になる方が多いのはこのためです。


女性ホルモンが減少すると尿道の周りの筋肉が弱くなるために腹圧性尿失禁になります。


生理中にのみ尿失禁になる方や酷くなるのはこのためです。


また閉経後も女性ホルモンが減少するので、腹圧性尿失禁が酷くなります。



【切迫性尿失禁の原因】


切迫性尿失禁は膀胱収縮を司る神経が過敏に反応して収縮することにより起こります。


膀胱の神経や筋肉が傷つけられることによって起こります。


赤ちゃんが産道を通る際に、骨盤底筋や神経を傷つけることにとって起こる場合もあります。

[スポンサードリンク]